運転資金と在庫

皆さま、こんにちは、そして、こんばんは。

 

コンサルティングオフィス エル・アール・エー 代表、中小企業診断士の菅野です。

 

今日のテーマは、「運転資金と在庫」です。

 

ぜひ、お付き合いください。


さて、運転資金とは何でしょうか?

 

具体的には、人件費、事業所・店舗維持費、仕入、営業諸経費、返済原資、納税資金など、事業運営のために必要な資金です。

 

運転資金は、「これから入ってくる金額」から「これから支払う金額」の引き算で計算しますので、ざっくりと言えば、<運転資金=売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産(在庫)-買入債務(買掛金+支払手形)>ということになります。

 

例えば、売上債権20,000千円、棚卸資産40,000千円、買入債務10,000千円の会社であれば、必要運転資金は50,000千円ということになります。

 

ただ、これは多くの場合、貸借対照表上の金額を用いて計算されますので、ある一時点のおおまかな金額しかわかりません。

 

また、回収不能債権や長期在庫、未払債務が含まれている場合がありますので、その分は割り引いて考える必要があります。

 

なので、もっと正確に、例えば「運転資金は1ヶ月でいくら必要か」を算出したい場合は、<運転資金=平均月商 ×(売上債権回転期間+棚卸資産回転期間-買入債務回転期間)>を用いることになります。

 

例えば、平均月商15,000千円の会社が、売上債権回転期間1ヶ月、棚卸資産回転期間2ヶ月、買入債務1ヶ月の場合、1ヶ月の運転資金は、15,000千円×(1+2-1)=30,000千円となります。

 

運転資金は、入金と支払とのタイムラグを埋めるためのつなぎ資金なので、そのタイムラグがどれくらいあるかがわかれば、より正確な必要額がわかるというわけです。



さて、運転資金を効率よく回す着眼点の一つとして、在庫を減らすことがあげられます。

 

チャンスロス(機会損失)を気にするあまり過剰在庫となったり、また、いつか高値で売れるだろうという期待感から不良在庫を持ち続けていると、維持費がかさみ資金繰りを圧迫します。

 

業種業態にもよるとは思いますが、「在庫が少なくて倒産した会社はないが、在庫が多くて資金ショートして倒産する会社は山のようにある」と言われる所以です。

 

そうはいっても、一定量の在庫は必要となりますね。では、在庫量の基準をどのように設定すべきなのでしょうか。

 

まず、考えなくてはならないのは、その在庫は「儲かる在庫なのか」「儲からない在庫なのか」という視点です。

 

儲かるか儲からないかは、売上高ではなく「利益」です。もう少し突っ込んで言えば「付加価値」です。

※ ここでは付加価値を、売上高から外部に支払う費用(材料費や外注費)を差し引いた額として捉えます。

※ 小売業の場合「交差比率」で見分けます。製造業や建設業等にも応用できます。

 

そして、業種業態によって異なるとは思いますが、付加価値の何ヶ月以内の在庫に抑えるべきか、その内訳はどうすべきかの検討が必要になります。

 

今日はここまでとさせて頂きます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。