BCP(事業継続計画)


BCPについて、オンラインセミナーを実施しました。




BCPとは


BCPは「Business Continuity Plan」の略であり、事業継続計画のことです。事業継続計画というのは、企業が自然災害や感染症拡大などの緊急事態に遭遇した際に、損害を最小限に抑えつつ事業の継続や復旧を図るための計画のことです。


BCPが求められる背景


最近、毎年のように地震や台風、集中豪雨などの自然災害が数多く発生します。その被害により、事業を中断せざるを得ない状況に陥るリスクが高まっています。

 

仮に自社が、自然災害等により事業が停止した場合、お客さまやお取引さまにご迷惑をかけることになります。また、事業の縮小を余儀なくされたり、従業員を解雇せざるを得ない状況に陥ったりすることも考えられます。最悪の場合には廃業に追い込まれてしまう可能性も否めません。

 

企業が事業継続を図るうえで、事前にBCP対策をしっかりと行い緊急事態に備えることは、重要な経営課題と位置付けられています。

 

また、昨今の新型コロナウイルス感染症への事前対策も、まさに重要なBCP対策のひとつとなっています。新型コロナウイルスのような感染症の場合のBCPは、「短期的な視点」だけではなく「長期的に事業継続を図る視点」が必要となります。

 

これからは、自然災害に加え、「感染症拡大リスク」も念頭に置き、BCPを策定していくことが求められています。


BCPを策定することのメリット


BCPを策定しておくメリットをまとめると、以下の3点となります。

 

1.「緊急事態発生時に迅速に対応できる」

 計画によって「やるべきこと」を明確にしておくことは、自然災害や感染症拡大などが発生した際、迅速な行動につながります。すばやい対応は、企業の被害を最小限に食い止めるだけでなく、事業の早期復旧を

 

2.「事業・業務の優先度が把握できる」

 BCPを策定するためには、どの事業・業務を優先して復旧させるのかを検討しておく必要があり、自社にとって優先すべき事業は何かを把握できます。そうすることで、経営戦略の立案や見直しにも活用することができます。

 

3.「顧客・取引先からの信頼性向上につながる」

 緊急時の事前対策がなされていれば、取引先の信頼性が高まります。取引先の選定基準として、BCPの内容を確認されるケースも出ています。


BCP対策をサポートします


弊所では、企業のBCP対策において、リスク評価、財務診断、キャッシュフロー対策、防災計画策定、BCP策定等のサービスを提供しています。

 

 

BCPをご検討の際には、ぜひお気軽にご相談ください。